トップ > 鈴鹿市民シアター > 千住真理子&横山幸雄 デュオ・リサイタル〜大人のデュエット〜

鈴鹿市民シアター [コンサート・公演など]

千住真理子&横山幸雄 デュオ・リサイタル〜大人のデュエット〜

2017年6月3日(土) 開場13:30〜 開演14:00〜

千住真理子&横山幸雄 デュオ・リサイタル〜大人のデュエット〜
写真=チラシ
日時:
2017年6月3日(土)
開場13:30〜 開演14:00〜
会場:
鈴鹿市文化会館 けやきホール
鈴鹿市飯野寺家町810番地 TEL:059-382-8111
入場料:
全席指定席:4,000円(税込)
出演:
千住真理子(ヴァイオリン)
横山幸雄(ピアノ)
贅沢なのに堅苦しくない、そんな夢の共演が実現。馴染みのある小品をちりばめ、お互いのソロで、お互いを引き立てあう、まさに「大人のデュエット」
プログラム
★ J.S.バッハG線上のアリア
★ マスネタイスの瞑想曲
★ ブラームスヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 作品 78 「雨の歌」
☆ ショパンノクターン第2番 変ホ長調 作品 9-2
ワルツ第2番 変イ長調 作品 34-1 華麗なる円舞曲
スケルツォ第2番 ロ短調 作品 31
★ フランクヴァイオリン・ソナタ 長調
 
★千住真理子&横山幸雄
☆横山幸雄ソロ
 
※曲目が変更になる場合があります。

千住真理子&横山幸雄 デュオ・リサイタル〜大人のデュエット〜 チラシはこちら (PDFファイル/2.88MB)

千住真理子(ヴァイオリン)

千住真理子(ヴァイオリン)

2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶應義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマデビュー。国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏家としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏会を行う。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。

1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。

1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。

2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。

2015年はデビュー40周年を迎え、1月にイザイ無伴奏ソナタ全曲「心の叫び」、2月にはバッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲「平和への祈り」をリリース、両作品ともレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。2016年は、300歳の愛器デュランティと共に奏でる最新アルバム「MARIKO plays MOZART」をリリース。またプラハ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と各地で共演。2017年は全国でスーク室内オーケストラとツアーを行う。

コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。著書は「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社、文藝春秋社文春文庫)「歌って、ヴァイオリンの詩2」「ヴァイオリニストは音になる」(いずれも時事通信社)「ヴァイオリニスト 20の哲学」(ヤマハミュージックメディア)母との共著「母と娘の協奏曲」(時事通信社)「命の往復書簡2011〜2013」(文藝春秋社)「千住家、母娘の往復書簡」(文藝春秋社文春文庫)など多数。


横山幸雄(ピアノ)

1990年ショパン国際コンクールにおいて歴代の日本人として最年少で入賞し、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など数多の賞を受賞。

2010年、ポーランド政府よりショパンの作品に対して顕著な芸術活動を行った世界の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」が授与される。

2011年、ショパンのピアノ独奏曲全212曲を演奏し、自らのもつギネス世界記録を更新。

2013年より、2020年のベートーヴェン生誕250周年に向けてのシリーズ「ベートーヴェン・プラス」をスタートさせるなど、自ら企画する数々の意欲的な取り組みにより、高い評価を確立している。

2015年、パリにおいてラヴェル生誕140年を記念しピアノ独奏曲全曲演奏会を開催し、絶賛された。

CDは、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、国際F.リスト賞レコードグランプリ最優秀賞等栄えある賞を受賞。

「横山幸雄プレイエルによるショパン・ピアノ独奏曲全曲集」(全12タイトル)、デビュー20周年記念コンサートのライブ録音(チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番)、「プレイズ・リスト2013」、「プレイズ・シューマン2014」、「プレイズ・モーツァルト2015」、シューベルト即興曲集「アンプロンプチュ」をソニー・ミュージックダイレクトからリリースし、すべてレコード芸術誌の特選盤となっている。

最新CDは2017年1月にデビュー25周年を記念し「横山幸雄/雨だれのプレリュード」をリリース。

TOKYO FM「横山幸雄のピアノでめぐり逢い」のパーソナリティをつとめ、東京と京都にレストランをオープンし音楽と旬の食をプロデュースするなど、活躍は多岐にわたる。 現在、上野学園大学教授、エリザベト音楽大学客員教授として、後進の指導にも意欲的にあたっている。

横山幸雄(ピアノ)
チケット好評発売中!
チケットのお求めは
 
9時から
 
鈴鹿市文化会館 TEL:059-384-7000(土・日・祝日は059-382-8111)
亀山市文化会館 TEL:0595-82-7111
オープン時から
 
 
鈴鹿市観光協会(白子駅西) TEL:059-380-5595
鈴鹿ハンター TEL:059-379-2200
コメリ書房 鈴鹿店 TEL:059-384-3737
10時から
チケットぴあ (Pコード 321-212) TEL:0570-02-9999
24時間WEB対応OK
 
エムズネット三重県文化会館WEBチケットサービス TEL:059-233-1122
【»ご購入はこちら】
その他
各中日新聞販売所
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※購入以後のチケットの交換・返金・再発行はお断りします。
※チケットぴあ・エムズネット以外は予約できません。
※公共交通機関をご利用ください。
アクロバットリーダーのダウンロード PDFデーターファイルをご覧いただくためには、アクロバットリーダーが必要です。
左のボタンで、プラグインをダウンロードしてください。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始